安全管理

渋谷建設の安全管理

渋谷建設は基本理念である『県民の生活と安全のための工事品質の追及と維持』並びに 『めぐまれた自然と産業との調和』のもと、安全衛生について方針とその目標を定め、本社と現場が一体となって、安全・安心のための取組みを行っております。

安全衛生方針

渋谷建設の基本理念である『県民の生活と安全のための工事品質の追及と維持』並びに『めぐまれた自然と産業との調和』のもと、地域社会における高い評価の完成工事を建設 するために、人命尊重を最優先とし、建設現場に潜む危険性・有害性を排除し、安全で安心 できる快適な職場環境を構築することにより労働災害、公衆災害“ゼロ”を目指す。

安全衛生目標

安全衛生方針に基づき、次の事項を実践する。
労働安全衛生法及び関連法規制を遵守する。
安全・健康・快適な職場環境の維持・向上のための必要な資源を投資する。
予防型安全衛生管理を推進し、特に次のリスク低減を行う。
(1) 死亡災害・重大災害・公衆災害の根絶
(2) 重機災害・クレーン災害の防止
(3) 墜落・転落・飛来落下災害の防止
(4) 土砂崩壊災害の防止
(5) 交通災害の防止
(6) 健康管理の推進
安全衛生教育訓練を推進し、全従業員の資質の向上を図る。

安心・安全のための取り組み

渋谷建設は『安全衛生方針・目標』のもと、本社と現場が一体となって、安全・安心のための取組みを行っていきます。
会社と現場が一体となった安全衛生管理
  • 安全衛生推進委員会(社内の安全衛生委員会)と安全協議会(協力業者による安全協議会)が一体となって、現場の安全衛生管理を推進します。
  • 安全衛生推進委員会と安全協議会が合同で、月1回、月例安全パトロールを開催します。
会社と現場が一体となったリスクアセスメント
  • 現場着手前に事前検討会を開催し、現場担当社員・安全管理部社員・協力業者のそれぞれの見方で問題提起し、総合的なリスクアセスメントを実施します。
会社と現場が一体となった安全衛生教育訓練
  • 現場ニーズにより、技能講習・特別教育・能力向上教育受講者を普及していきます。
  • 現場ニーズにより、安全衛生教育訓練に安全管理部社員を随時派遣し、作業者一人ひとりの安全衛生意識向上に寄与します。
  • 『安全協議会だより』等により、安全管理・衛生管理のタイムリーな情報を配信し、現場の安全衛生管理に活用します。

 

労働災害発生状況

平成23年平成24年平成25年平成26年平成27年
死亡災害00000
休業(4日以上)00010
休業(1~3日)00000
不休災害00120